動物愛護の精神

先日我が家の猫ちゃんに3匹もの赤ちゃんが生まれ、これで我が家の猫はトータル8匹に!!


友達にいったらいつも驚かれるレベルの猫好きになってしまいましたねw
けど、猫はかわいすぎるから何匹いたっていい!ってくらい猫のことが大好き。

 

最初はうちに迷い込んできた猫ちゃん一匹だけだったんですが、3年間という短い間でこれだけ繁殖してしましました。
普通の家庭ならば赤ちゃんが出来ないようにしたり、知人にあげたりするのかもしれませんが、私は自然の法則に任せたいと思っています。

自分の体調とか金銭問題とかで、いつ飼えなくなってしまうのかわからないのでそのための保険もちゃんとしてますよー。
ペットを飼うということには責任がありますからね。

うちの地域は全国的にも猫を駆っている家庭が多い地域らしく、役所でも色々と指導を受けています。
飼い主だけの勉強会も開いちゃったり、猫好きにはもしかしたら理想的な環境なのかも!

でもたまーに耳に入ってしまうのが虐待や勝手にペットを捨ててしまう人の存在。


どんなに役所が徹底指導したとしても、一定の割合でそういった人は存在してしまうようです。

日本人は動物愛護に対する心構えがなっちゃいないといつも感じる。

 

もうちょっと世界的な動物愛護運動の流れにも目を向けるべきだと思います。
参考サイト:http://www.key-case.org/kawa-horitsu.html

 

ペットは間違いなく家族なんですから、その存在と人生には責任を持つのが飼い主の役目。
愛情を与えてやればペットは必ずそれに答えてくれますから。

将来的には動物愛護関係の団体を設立するのが今の私の夢!

 

まーもちろん夢物語なことですが希望は捨てませんよー。(私ほど猫好きはいないって自負があるし笑)

でもさがうに8匹となると、家やお庭のスペースにも限界を感じてきている。

 

引退したら田舎のひろーい庭がるいているお家に住みたいなぁ。