エリンギを煮た時の匂い

昨日買ったエリンギが傷んでいたのか、それともエリンギ自体の特性なのか。
冬の恒例の味噌鍋を昨晩作ったのですが、エリンギの匂いで家族から総スカン。
自分でも感じていたのですが、エリンギから酸っぱいような独特の匂いがしちゃってたんですよね。

 

物が腐ったような、あの匂い。でもエリンギ自体は特に問題がなかったと思うんですよ。
一部ちょっと水っぽくなっていた箇所もあるけど、9割がた問題なし。
その一部水っぽくなってしまった箇所も鍋に入れちゃったのが失敗だったのですかね。

いつもは使わないスーパーで急遽買った物だったから、鮮度が良くなかったのかもしれない。


でもネットでエリンギを煮た時の匂いについて調べてみると結構私と同じような感想を持っている人たちがいました。
すき焼きにいれて失敗したとか、炒め物に入れて全体的にエリンギの匂いが移っちゃってまずかった、とか。

自宅焼き肉とかだとエリンギも焼いたりするんですけどね。
でも匂いがきになったことなんて今まで一度もない。


エリンギにはきのこの中でも比較的匂いがない部類だと思っていたぐらいです。

しいたけとかは独特な匂いがあるのはわかるけど・・・。
あの腐敗臭みたいな匂いが完全に記憶にこびりついてしまっているのでしばらくエリンギはおあずけかな。
代替品としてまいたけやしめじを食べよう。鍋用のきのことしてはソッチのほうが優秀だろうし。

 

でもおそらくエリンギのせいじゃなくて鮮度の問題でしょうね。
きのこの鮮度って今まであまり注意を払ってなかったけど、これからは新鮮な物を選ぶようにしよう。